• ARTUTA

Artuta講師兼現役アーティストにズバリ聞いてみた!どうしてアーティストになったの?河原康佑さん前編



皆さんは、「アーティストって子どもの時はどんな絵を描いていたんだろう?」「どのようにしてアーティストになったのだろう?」など素朴に疑問を持ったことはありませんか?今回、Artutaの講師こうちゃんこと河原康佑さんにインタビューをさせていただいたのでご紹介します。




絵は子供の頃から好きだったんですか?

そうですね。物心がつく前から絵を描くことが好きだったようです。小学校の美術の先生が、描いた絵を褒めてくれていたことはモチベーションになっていたと思います。そういった環境もあったので、楽しんで、かつ自信を持って絵を描けていたのかなと思います。絵だけでなく、粘土、工作やレゴなど手を使って何かを作ることは全般的に好きでした。

子供の頃はどんな絵を描いていましたか?

車とか動物とかを描いてました。小学生の時は特に動物を描くのが好きでした。動物園によく連れて行ってもらっていたので、そこでみたものを家に帰って図鑑をみながら描いたことを覚えています。中学生のころは美術の授業は好きでしたが、普段はあまり絵を描かなかったです。学校の勉強をすることが楽しくなって、算数・歴史・理科など楽しんで学んでいました。中学生時代だけが絵をあまり描かなかった時期かなと思います。

家族はどうやってサポートしてくれていましたか?

いろんなものや場所を見に連れて行ってくれたり、体験したことのないことを積極的にやらせてくれていました。美術とは関係のないものも含めて、大人になって自分の適性を客観的に理解する助けになったように思います。小学生の時には、毎年1回比叡山で行われていた写生大会に連れて行ってもらっていました。山の中でお寺の絵を描くというものです。賞を何度ももらったので、そこで自信をもったように思います。そういった場に連れて行ってくれていた両親にはとても感謝しています。自主性・自発性を尊重してくれる両親だったので、難しいことは考えずに描きたいように描いていました。とにかく楽しんで描くことがまず一番だと思いますので。また、両親は今でも子供の頃の自分の描いた絵を大事に保管してくれています。自分の絵を大切にとっておいてくれてるのは嬉しいサポートだと思います。また、大人になってから見た時に、自分がどういったことが得意だったかという様々な発見がありました。

絵画教室には行っていましたか?

自身は絵画教室に通ったことないです。母親が短大で美術を学んで染色に関わる仕事をしていたこともあって、画材に関する専門的な知識があったので、家で絵を描いたり制作をする際にサポートしてもらえる環境があったためです。また、日曜大工のワークショップなどに父や兄弟と一緒に参加していた記憶もあります。物づくりの型を学ぶかわりに、制作環境を与えてもらってあとは自由に作る、というスタンスでした。そういった自身の体験が元になって、絵を教えるという考え方ではなく、学んだことをシェアする・自由に作れる環境を与える・子供が楽しい体験をする、という部分を出来るだけ大切に、Artutaのクラス内容を考えて行なっています。

アーティストになると決めたのはいつですか?

高校生1年生の夏休みですね。休みで時間がある中、自分がこれからどのように生きていきたいかを考えていました。自分が行った高校は進学校でしたが、実際的な目的なく勉強することに興味が持てなかったので。お金が沢山稼げて安定した生活を送れることよりも、自分が楽しいと思えることを追求する生き方の方が面白いかなと思い、絵描きになりたいと思う様になりました。絵もまたたくさん描くようになっていて、同級生が褒めてくれたことも一歩を踏み出すきっかけになったと思います。当時触れていた画集や映画・音楽にも刺激を受けました。両親にはじめてその想いを相談した時、「家とか車とかみんなが持ってるもの、欲しいものは要らないのか?」という質問をされましたが、即答で「いらない。」と答えたことで、親もサポートしてくれる様になりました。 アーティストにとって、不安を乗り越えて制作することは大切なことの一つだと今でも考えています。無難な選択をせずに、リスクを引き受けること自体が人に訴えかける表現をすることに直結してくるからです。ゴッホのように絵が一生売れずに死んでゆくアーティストもいます。そういった先の見えないことを楽しめる自信が持つことが、アーティストとして生きてゆくためになによりも必要なことだと今でも思っています。

後編に続く

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2020 Planna, Inc.

sign_edited.png
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram